バラエティの雄「イッテQ」ピンチ

イッテQ

世界の果てまでイッテQがおかしい

世界の果てまでイッテQ(日本テレビ)がおかしい。

9月5日の視聴率が、なんと9・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。
15%以上は当たり前、20%超を記録することもあった、
バラエティ番組の王者に何が起きているのか。

あの「イッテQ」がとうとう1ケタである。

「『イッテQ』がコア視聴率(13~49歳の男女)では全民放中で1位であることは変わりません。
ただし、いくら日テレがコア視聴者層を狙った番組作りをしているとはいえ、個人視聴率6・7%はショックだったようです。個人視聴率は、同じ日テレの他の番組に負けていますから」
と、日テレ関係者は語った。

どういうことか。

8月30日~9月5日の週で言えば、

同じ9月5日の『ザ!鉄腕!DASH!!』は世帯13・1%、個人8・0%、
『笑点』が世帯12・6%、個人6・8%。

8月31日の『ヒューマングルメンタリーオモウマい店』は世帯12・9%、個人7・9%、
8月30日の『有吉ゼミ』は世帯12・3%。個人7・6%、
9月1日のドラマ『ハコヅメ・たたかう!交番女子』は、世帯11・8%、個人6・8%。

負けていますね。

もっとも、9月5日の20時台は、裏で「東京2020パラリンピック・閉会式」(NHK総合)が
放送されたこともある。

『パラリンピック閉会式』の視聴率は20・6%。

NHK総合が通常、放送している大河『青天を衝け』は15%前後。

確かに閉会式のほうが高いが、それで1ケタになるほど影響は受けないでしょう。
同じ時間帯の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日)は世帯14・0%、個人8・0%です。

「ポツンと一軒家」にも負けた。

世帯視聴率と個人視聴率とは、

世帯視聴率とは、同じ家の中で2台のテレビが同じAを見ていても
家を基準にしているので1として数えます。

個人視聴率とは、1軒の家の中で、何人がテレビをみているか、
さらに、どんな人(性別、年齢層)がみているかなど、
より詳細なことがわかるようになりました。

看板番組に何が起こっているのか

コロナ禍で海外ロケができなくなっているから、ということだけならまだマシです。

これまで、オセロ・中島知子やベッキーのスキャンダル、
海外祭りのヤラセ騒動など番組の危機は何度もありました。

それらを『イッテQ』は乗り越えて、『ポツン』に世帯視聴率で喰われようとも、
個人視聴率1位だけは守り抜いてきました。

今回の落ち方は海外ロケ以外に他の問題が積み重なった結果。

・まず総合演出の古立善之さんを使いすぎた。

彼はバラエティでは日テレのエースと言っていいでしょう。
村上信五とマツコ・デラックスの『月曜から夜ふかし』、
櫻井翔の『1億3000万人のSHOWチャンネル』も担当しています。
しかし、どちらも数字を落とし気味。

この3つの番組、やはりどれも似ているんです。

ちょっと視聴者や出演者を小馬鹿にしたような目線、
ヤラセではないギリギリのプロレス的演出と展開。

やはり時間が経てば飽きられるもの。

さらに手越裕也の不在も大きい。

若くて、ヤンチャで、華がありました。

ああいうキャラは数字を持っています。

出川哲朗や森三中も頑張っていますが、若い視聴者にとってはオジサン、オバサンでしかない。

共感できる出演者が、番組からいなくなってしまったことは痛い。

そしてイモトアヤコの結婚という。彼女は年末の出産に備え、産休に入ると言われている。

19年11月24日の放送で、彼女は番組ディレクターと結婚を発表しました。

この時の世帯視聴率は22・3%、個人15・5%、占拠率は34・6%を記録。

以来、この記録を上回ったことはありません。

珍獣ハンターで世界を股にかけ、大暴れしていた彼女に、
“もうそこまで頑張らなくても、少し休ませてあげて……”と
視聴者は思ってしまうかもしれません。

たしかにマンネリで、興味も半減というのは、否めないところ。

復活はあるのでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました