「九州最大級」の滝確認 奄美市が名前を募集

奄美の滝

落差181メートル

鹿児島県・奄美大島にある奄美市が、
島の東海岸で九州最大級の滝を確認した、と発表。

山中の断崖から太平洋へと注ぐ落差は181メートルで、
「確認できる滝の中では九州一でないか」といわれる。

ただ、現在はまだ名称がない。

そのため、市はホームページで滝の映像を公開。
10月8日まで名前を公募する。

滝の存在そのものは、漁師やマリンレジャー関係者などには知られていた。

海から見える部分だけで、全容は分かっていなかった。

市内在住の写真家浜田太さん(67)が昨年5月から数回、
ドローンで全体を撮影した。

その映像や情報の提供を受けた市が、今年8月末、
衛星による測量で落差をはじき出したという。

華厳ノ滝の2倍ちかく

なんと、181メートルという、巨大なもの。

華厳ノ滝が、高さ97メートルですから、2倍近い落差です。

奄美大島は今夏、世界自然遺産に登録されました。

浜田さんは「奄美にはまだまだ未知の世界がある」と話しています。

海上からは約100メートル分を見ることができるが、滝近くの海岸は岩場で波が荒く、
近づけない。

それがさらに、自然が守られる結果にもなっていますね。

ちなみに、日本一は、富山県立山町にある「称名滝(しょうみょうだき)」です。

称名滝は4段に分かれて落ちる「段瀑」
(一段目70m、二段目58m、三段目96m、四段目126m)で、
総落差350mの滝です。

また、期間限定で、落差500mのハンノキ滝という滝があります。
雪解けの時期だけ現れます。

どこにというと、なんと 称名滝 のとなりです。

落差はべつとしても、奄美の自然の雄大さには感動です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました